方法 発想 最新

器具の種類

矯正歯科では金属製の矯正器具を利用するのが一般的となっていました。
これを利用した矯正は非常に様々な問題がありますが、それでも長年使い続けられているのには理由があります。
まず、この治療器具は数々ある器具の中で最も威力が高く、早く矯正治療を終える事が出来るようになっています。
更に、この器具は口内での高い負担に耐えられるようになっており、中々に丈夫で安価なのです。
調整も簡単ですから、保険が効かない矯正治療には最適となっているのです。… Read more

悪影響

小さなうちに矯正歯科で治療を受けないと、どのような悪影響があるのか知らない人がいます。
歯並びを整えないままで成長すると、まず骨格が歪んでくる事になります。
そうすると噛み合わせも悪くなり、当然外見にも影響が出るようになります。
成長中の子供の噛み合わせを放置していれば、それだけ外見にも大きく影響するようになりますから、シャクレや受け口に出っ歯と言うような状態にどんどんと変形してしまいます。… Read more

並び

歯並びが悪いと、人間の印象まで悪くしてしまいます。
それを治療する事に特化した医者が矯正歯科となっています。
矯正治療で触る歯並びと言うのは骨ですから、出来るだけ成長して骨自体に柔軟性があるような子供時代に治療する事がオススメとなっています。
勿論、大人になってからの矯正歯科での治療も行われていますから、何ら問題はありません。
インプラント治療をするのは大人になってからですが、矯正歯科での治療は子供のうちとなっています。
Read more

癒着

このチタン金属をインプラント治療に利用すると、人間の骨部分と癒着してしっかり根本の代わりになってくれるようになったのです。
それにより、人工歯を自前の歯のように問題なく固定し、安定して利用していけるようになりました。
この発見によって、インプラント治療は実際に利用する事が出来る所にまで進化する事が出来るようになったのです。
これが日本の歯科へ伝わり、矯正歯科や審美歯科で治療が可能となるようになったのです。
Read more